ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

ASUS、ワコム製スタイラスペン搭載の8型Windowsタブレット「 ASUS VivoTab Note 8」2015年春モデルを発表。

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151124193655p:plain

全身筋肉痛の@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が愛用しているASUS(エイスース)製の8インチWindowsタブレット「ASUS VivoTab Note 8」の後継機となる2015年春モデル「ASUS VivoTab Note 8 R80TA-3740S」が ASUS JAPAN から本日2月13日、発表されました。

www.itmedia.co.jp

Windows 8.1 with Bing 搭載でお手ごろ価格

「R80TA-3740S」は前モデルと同じくワコム製スタイラスペンが付属しており、2月20日より発売されます。価格はオープン、実売価格は2万4800円前後(税別)と見られています。

基本スペックは前モデルと変わらず

OS は「Windows 8.1 with Bing」が搭載され、低価格化に貢献しています。
ただ、本体サイズは220.9(幅)×10.95(高さ)×133.8(奥行)mmで重さは約380gと、前モデルと同じ、その他ディスプレイ解像度 1280×800 ドット、CPUがZ3740、メモリー 2GB、ストレージ 64GB と変わらず、極論を言えば “搭載 OS 以外は全く変わっていない”仕様となっており、いささか拍子抜けな感は否めません。が、低価格ながら Office Home and Business 2013 付属な点は一層お手頃価格感を高めています。

まとめ

ワコム製のスタイラスペン付属が特徴の「ASUS VivoTab Note 8」ですが、前モデル所有者の立場から言うと、満を持して登場した後継モデルがスペック上まったく進化を感じられないのはいただけないですね。
スタイラスペンを有効に活用できる大画面化、高解像度化された新モデルの登場はないのでしょうか?
しかし、その分値段が下がって手が出しやすい価格となり、初めての Windows タブレット購入を検討している方にとってはうってつけのモデルとなりました。
スタイラスペンの付属はタブレットをメモ・ノート代わりに使うには大きなアドバンテージ、MicroSoft のノートアプリ「OneNote」との相性もバッチリです。お手頃価格となった新モデル、いかがでしょうか?