ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

ASUS VivoTab Note 8でWacomスタイラスペン「Bamboo Stylus feel CS300UWホワイト」を使ってみた。

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151203143646j:plain

お世話になってます、@gadgerepoです。

筆者愛用の8インチWindowsタブレット VivoTab Note 8にはスタイラスペンが付属されていますが、収納しやすいように細身の造りになっており、それがなんとも握りにくく頼りないので閉口していました。

また、本体に収納されたスタイラスペンは結構カッチリはまっていて取り出しにくく、毎回爪でカリカリして抜き出すのもストレスでした。

そこで、かねてから欲しいと思っていたWacomのスタイラスペン「Bamboo Stylus feel CS300UWホワイト」をこのたび購入しましたので、さっそくレポートしたいと思います。

Bamboo Stylus feel購入レポート

パッケージはこんな感じ。シックなブラックの箱です。

f:id:gadgerepo:20151203144145j:plain

内容物はコレ。本体、替え芯2本と芯を替えるときに使う道具、各種説明書です。

f:id:gadgerepo:20151203144207j:plain

替え芯2本と、リング状の芯を替えるときに使う道具のアップ。リングのくぼみ部分に芯を挟んで差し替えます。

f:id:gadgerepo:20151203144224j:plain

スタイラスペン本体。VivoTab Note 8付属のスタイラスペンと違って表面素材はマット調で滑りにくいです。

f:id:gadgerepo:20151203144246j:plain

スタイラスペン本体アップ。ずっしりした質感。

f:id:gadgerepo:20151203144300j:plain

以前購入したケースのペンホルダーにもピッタリです。

f:id:gadgerepo:20151203144351j:plain

使ってみた感想

まずは通常の操作。クリックや選択などのやりやすさは付属ペンとさして代わり映えはありません。

他の購入者の方々が言われているとおり、キャップを後ろにさして使うと重心が後ろ過ぎて気になります。

f:id:gadgerepo:20151203144422j:plain

イラストを描くときなどは、グリップのしやすさと適度なズッシリ感で描きやすくなりました。前回紹介したペイントソフト「FireAlpaca」での使用もこのとおり。筆圧感知対応です。

f:id:gadgerepo:20151203144732p:plain

まとめ

ちょうどいい太さ、重さでイラストを描くときの楽しさがアップです。

ケースのホルダーに挿しておけば取り出しやすく、気軽に使うことが出来るのでいいことづくめ!いい買い物をしました(^^)

色違いの黒はコチラ。