読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

Apple、SIM フリー版iPad を国内で発売開始。

Apple Gadget Apple-iOS Apple-iPad Mac

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20151115115049j:plain

タブレットが買いたいガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

Appleは7月1日、同社が販売する人気タブレット「iPad」シリーズのSIMロックフリー版を、同社オンラインストアにて販売開始しました。

news.mynavi.jp

SIMロック (SIM lock) とは電話機側に施される、特定キャリアのSIMカード以外は利用できないように制限する機能である。同一キャリアのSIMカード入れ替えについては原則フリーである。日本の携帯電話の販売体系は、キャリアが携帯電話機メーカーから端末を買い取って販売するという、キャリア主導型である。キャリアのインセンティブ(販売奨励金)により、代理店が端末を安く販売する場合があり、その場合に端末の設定により他のキャリアのSIMカードを差しても使用することが出来ないようにすることが多い[13]。SIMロックがされていないことを「SIMフリー」、あるいは「SIMロックフリー」という。世界的に使われているのは前者であり、後者は日本国内でITマスコミがよく使う俗語である。

3キャリアの牙城くずれるか?

今までWi-Fi版とSoftBank、auによるWi-Fi+Cellular版が販売されていましたが、先日発表されたNTTドコモからiPad販売のニュースに続き、SIMロックフリー版が登場しました。やっと障害が無くなった、というところでしょうか。

「iPad Air」「iPad Retinaディスプレイモデル」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」「iPad mini」の4種類で展開され、価格はそれぞれ

  • iPad Air16GB:6万1800円
  • 32GB:7万1800円
  • 64GB:8万1800円
  • 128GB:9万1800円

  • iPad Retina ディスプレイモデル16GB:5万800円

  • iPad mini Retinaディスプレイモデル16GB:5万1800円

  • 32GB:6万1800円
  • 64GB:7万1800円
  • 128GB:8万1800円

  • iPad mini16GB:4万2800円

となっています。

同等性能のAndroidタブレットSIMフリー版に比べて価格は高いですが、最近どんどん値段が下がっている格安SIMを使えば毎月の通信費を抑えつつ、出先でiPadを使うことが可能です。

weekly.ascii.jp

総務省により、携帯電話のSIMロック解除を事実上義務化するとのニュースが報じられ、通信業界はこれからどんどんおもしろくなりそうですね(・∀・)