読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

コストパフォーマンス最高な MacBook Pro Retina Display 13.3インチ(2015)購入レポート。

Apple Mac

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20151111180509j:plain

久しぶりの Mac にご満悦のガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

Apple のノート型パソコン、「MacBook Pro with Retina Display 2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ」を筆者が購入したのはコチラの記事でもご紹介したとおり。

gadgerepo.com

gadgerepo.com

さっそくのファーストインプレッションです。

そして新しいパソコンを買うとついついムダにアクセサリー類も買ってしまう筆者、あわせてレポートいたします。

MacBook Pro Retina 13.3インチを選んだ理由

プライベートでは Windows のノーパソを、仕事では iMac を使っている両刀使いの筆者。

今回、OS の使い勝手やハードのデザイン、携帯できる利便性をとって Mac のノート型パソコンから買うことにしたのは前回記事でもふれたとおり。

そして購入候補として

  • MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3インチ
  • MacBook Pro Retina 2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ
  • MacBook 1.1GHz Dual Core Intel CoreMプロセッサ/12インチ

の3種類をあげました。

これまで15.6インチワイドの Windows ノートを愛用していましたが、正直家の中でも移動させるのが億劫に感じていたのでそこまでの大きさは必要ない、という考えからの 12〜13インチサイズの選択です。

その中でも、店頭で見比べても明らかに感じ取れる“Retina Display”の美しさに惹かれ、Retina 非対応の MacBook Air は早々に候補から除外。MacBook Pro と MacBook の一騎打ちとなりました。

新型 MacBook の取り分け小さく薄く軽い携帯性は捨てがたかったものの、やはり安心の 2.7GHz Dual Core i5 CPU 、各種ポート類に SD カードスロット搭載のMacBook Pro に魅力を感じ、購入となった次第です。

質実剛健の Apple らしいデザイン筐体

筆者にとっては初の Mac ノート型パソコン、昔は「Mac のノートは高い!」というイメージがありましたが本当に安く買えるようになりましたね。

f:id:gadgerepo:20151111180655j:plain

ガラス製の感圧タッチトラックパッドはジェスチャーによる多彩な操作で使い勝手良好。筆者はトラックパッドが苦手なので Apple の Magic Mouse を買うつもりだったんですが、これなら必要なさそうです。感圧タッチのありがたみは今のところ感じませんがw

新型 MacBook で採用されたバタフライ構造ではなく、従来型のキーボードも使いやすいです。

f:id:gadgerepo:20151111180749j:plain

筆者は汚れ防止にシリコン製のキーボードカバーを購入。

f:id:gadgerepo:20151111180810j:plain

 

前回記事で紹介したインナーケースも到着。結局購入したのはコチラ。

 

当たり前ですがスッポリ収まります。

f:id:gadgerepo:20151111180852j:plain

f:id:gadgerepo:20151111180910j:plain

大きめサイズのポケットが付いているので ACアダプタ電源コードもなんとか入ります。

f:id:gadgerepo:20151111180927j:plain

まとめ

MacBook Air や新型 MacBook と比べると、やはりズッシリとした重たさを感じますが、コストパフォーマンスの高さは折り紙つきです。

アルミ削りだしボディの素晴らしさも筆者の物欲を十二分に満たしてくれます。ブログ記事を書くモチベーションも上がっちゃいますね。