読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

ついに発表された iPhone 6s・iPad Pro・新型 Apple TV について考える。

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151111180404j:plain

いやぁ〜盛り上がりましたねぇ〜、ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

米 Apple は現地時間の9月9日に開催したスペシャルイベントにおいて、「Apple Watch」「iPad Pro」「iPad mini4」「Apple TV」「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」についての発表を行いました。

Apple が展開するハードウェアの中で、iPodシリーズと Macシリーズ以外の全てにおいて何らかの発表があったということで、近年まれにみる豪華ラインナップのイベントとなりましたね。

筆者もウトウトしながらもリアルタイムでチェックしていましたが、新たな展開を見せる「iPad Pro」「新型 Apple TV」はモチロンのこと、噂通りとはいえ思いのほか変更点の多かった「iPhone 6s/ iPhone 6s Plus」には興奮しました。

iPhone だけじゃない! Apple の本気ラインナップ

開催直前まで iPad Pro や新型 Apple TV は発表されるかどうか懐疑的でしたが、新製品が一気に発表されましたね。

そのかわり、ここ数年 iPad や Macの新製品を発表していた10月のイベントは開催しないのでは?と言われていますが、どうなんでしょう?

ともかく これらの新製品から、Apple が考える今後の戦略をうかがい知ることができます。

今回行われたスペシャルイベントの三枚看板となった3製品、筆者なりに考察してみたいと思います。

iPhone 6s/iPhone 6s Plus

イベントのメインディッシュとして期待されていた新型 iPhone。名称は大方の予想どおり「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」となりました。

新型 A9プロセッサ搭載や 4Kビデオ撮影機能、フロント500万・リア1200万画素へと増えたカメラ性能のアップなど順当なスペックアップですが、やはり特筆すべきは 3D Touch機能でしょう。

コレは iPhone の画面を押した時の圧力を検知する機能で、通常の圧力と強い圧力を区別して別のアクションを呼び出すことができます。

MacBook の感圧トラックパッドとはまた違う、「次世代のマルチタッチ」と呼ばれるこの 3D Touch機能。
今までにない操作方法ですがユーザーが扱いに慣れ、対応するアプリが増えてくれば操作性・利便性はアップ。特許でガチガチに守られたこの機能を他社は使うことができませんので、iPhone にとって Android やその他に対向するための大きなアドバンテージとなることでしょう。

筆者としては、iPhone 6/Plus に搭載されるも日本での利用が今だに出来ない、NFC機能による Apple Pay を何とかして欲しいんですがね〜。

iPad Pro

12.9インチの Retina ディスプレイ(560万画素)を搭載する、Apple 初の大画面タブレット「iPad Pro」。12.9インチといえば 12インチの MacBook より大きく、MacBook Pro 13.3インチと遜色ない大きさです。

とか考えていたら Apple はどうやら iPad Pro を “ノートパソコンに近い存在” として宣伝したいようで、フルキーボード付きカバー「Smart Keyboard」と専用スタイラスペン「Apple Pencil」を同時に発表、さらにイベントでは Microsoftの Office担当者による実演で Officeによる文書作成・加工などがサクサク動くところをアピール。

まさしく Microsoft Surface Pro 3の対抗馬として、個人というよりも職場での大量導入を目指していると思われます。

とはいえ iPad Pro の OSは「iOS」、あくまで“パソコンに近い存在”であることに変わりありません。タブレットと PC共通の OS「Windows 10」によるシームレスな使い勝手でオフィス使用の優位性は高い Microsoft勢にどこまで食らいつくことができるのか、見ものです。

Apple TV

今回の発表で個人的に一番興味があるのがこの「Apple TV」

2012年に発売された第3世代から満を持してのモデルチェンジ、内蔵プロセッサは iPhone 6 と同じ A8プロセッサとなりましたが、1080p出力は残念ながら従来のまま。

しかし、音声コントール機能「Siri」の搭載で iTunes Storeや Netflix、hulu といったオンラインサービスでのタイトル検索が可能なユニバーサル検索、タッチパッドとモーションコントロール機能を持つリモコン、そして長らく期待されていた Apple TV用の App Store 登場によるゲーム機能の搭載と新機能が目白押し。

また、OSも「tvOS」と名付けられた新しい OSとなりサードパーティのデベロッパーに広く解放、今まで閉鎖的なイメージのあった Apple TV ですが、これにより映像コンテンツ向けアプリやゲームなどさまざまなアプリがサードパーティーによって開発・提供されることになります。

映像だけでなくゲームが遊べるようになったことでファミリー層へのアピールが期待できますが、いわゆるスマホゲーの好調に影響を受けていた家庭用ゲーム業界に新たな一石を投じる新ハードとなるかもしれません。

気になるお値段は 32GBモデルを149ドル、64GBモデルを199ドルとなっています。

まとめ

魅力的な新製品が満載だった今回のスペシャルイベント、筆者は長年待ち焦がれていた新型 Apple TV が欲しくてたまりません。

発売日など、今後の情報が気になるところですね。