読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

SIMロック解除の義務化でどうなる?! iPhone 6S。

Apple Apple-iPhone

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20151201151901j:plain

iPhone 6 Plus の買い時を見失ってしまった@gadgerepoです。こんにちは。

報道各社が伝えているとおり、総務省は携帯電話会社が他社回線では使用できないように端末に施している SIMロックの解除を、2015年夏に販売するモデルから義務付ける方針を固めました。

値段は?SIM フリー版との違いは?

今まではSIMロックの解除は有償で、なおかつNTTドコモとソフトバンクはiPhoneを除く一部機種、auはサービス自体無しだったところが原則、端末購入後ならいつでも無料でSIMロックを解除できるようになります。
これにより、利用者は

  • 携帯会社を変えても使い慣れた端末をそのまま使用できる。
  • 海外でも同じ端末で現地のプリペイドSIM などを差して利用できる。
  • MVNO系キャリア(大手会社から回線をレンタルして格安でサービスを展開する携帯会社)の利用で月額使用料を安く抑えられる。

といった恩恵を受けることができます。

というわけで、SIMロック解除の義務化は携帯電話各社が夏モデルを投入する5月ごろから導入される見通しですが、iPhone 6/Plusの次期モデル「 iPhone 6S(仮)」は予定通りなら来秋に発売されるため、SIMロック解除の対象になると思われます。

日本のスマホ業界を席巻する iPhone。

はたして、SIMロック解除は iPhone 6S(仮)にどのような影響をもたらすのでしょうか?予想してみたいと思います。

本体価格は高くなるか?

まずは本体価格。

SIMフリー端末という付加価値を得て、価格を上乗せする可能性はあるでしょうか?

Apple Online Store で販売されている SIMフリー版 iPhone 6 と現状SIMロックされている携帯各社の iPhone 6 にそれほど大きな価格差はありません。ドコモは SIMフリー版より若干高く、ソフトバンクは2〜3,000円安く設定されています。
おそらくは、iPhone 次期モデルも、Apple が販売する SIMフリー版と大差ない価格になるのではないでしょうか。

逆に、今回いわゆるキャリアの「2年縛り」は是正されなかったため、各社とも他社や MVNO に利用者が流れないよう、囲い込みに躍起になり、月々割などの料金割引サービスの強化や各種キャンペーン展開で本体価格の実質負担額が減り、安くSIMフリー版のiPhone 6S(仮)が手に入るかもしれません。

Apple の SIM フリー版との違いは?

そうなると“Apple が販売する SIM フリー版はどうなるの?”という疑問が出てきます。
携帯各社で販売される、SIMロック解除された iPhoneがインセンティブで安く手に入るなら、高額なApple の SIM フリー版 iPhoneは誰も買わないんじゃ……。

コチラをご覧ください。

weekly.ascii.jp

コチラの記事にあるように、Apple は「Apple SIM」の自社端末導入をはじめました。
Apple SIMが SIM フリー版 iPhone 6S(仮)に導入され、日本でも利用が可能になれば iphoneの画面上で自由にドコモ、au、ソフトバンク、あるいは MVNOなどのキャリアを自由に選び、店頭に足を運ぶことなく契約ができてしまいます。

そして Apple SIMは、SIMカード自体が複数のキャリアのものに書き換えられるので、キャリアを変えるごとに SIMカードを入れ替える必要もありません。

キャリアによる「縛り」もなく、複数のキャリアから好みのプランを直接契約できてしまう利便性は高く、Apple の SIM フリー版 iPhoneの強力なセールスポイントとなるでしょう。

まとめ

SIMロックが解除され、携帯各社が販売する携帯電話がどの会社の SIMカードを差しても使えるようになるなど、数年前にはまったく考えられなかったことです。

当然ドコモ、au、ソフトバンクにしてみれば、SIMロック解除は他社に利用者が流れてしまう可能性が高まる不安材料でしかありません。だからこそ今までかたくなにSIMロック解除の義務化を拒んできました。

しかし、そんな中にあって昨年11月、突然の日本国内での SIM フリー版 iPhone 5S 販売、そして今回の Apple SIM 導入など、AppleはアメリカでのSIMロック解除の合法化、そして日本でのSIMロック解除義務化に向けて着実に歩を進めていました。

そういった方向性の違いが、なんだかんだと実績となって現れているような気がします。
また、料金プランなどでも携帯各社で動きがあるかもしれませんし、どうなるか楽しみではありますね。

追記(2015年12月1日)

件の「Apple SIM」ですが、日本国内でも2015年11月にApple Storeにて販売開始されました。

www.apple.com

japanese.engadget.com

日本国内で選択できるネットワークはau網のみ。対応機種はSIMロックフリー のセルラー版 iPad Pro / iPad Air 2 / iPad mini 3 / iPad mini 4でiPhoneは非対応、と若干スケールダウンした感は否めませんが、日本の通信業者との契約形態に改革をもたらす大きな一歩として、今後に期待したいものです。