ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

9月末まで増量キャンペーン中のOneDrive、旧SkyDriveユーザーの容量はどうなるの?

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151204151937j:plain

こんにちわ、@gadgerepoです。

Microsoftはオンラインストレージサービス「OneDrive」で、カメラバックアップ機能を有効化するだけで15GBの追加ストレージを得られるキャンペーンを9月末までの期間限定で開始しました。 キャンペーンの詳細、容量追加に必要な条件などは、ウインタブさんの記事で詳しく紹介されています。

win-tab.net

旧ユーザーの容量25GBはどうなるのか?

太っ腹ですね、Microsoft。

さっそく筆者もiPhoneのOneDriveアプリでカメラバックアップ機能を有効化して追加の15GBを手に入れました。

f:id:gadgerepo:20151204151035p:plain

確かに15GBが追加され、元々の無料で提供されている15GBと合わせて30GBになりました。

ところで、OneDriveは以前「SkyDrive」という名称で2008年から正式にサービスが始まり、提供されていたストレージ容量は5GBから、同年12月に25GBに拡充され、その後2014年1月に「OneDrive」となり無料ストレージが7GBに変更になっても、旧SkyDriveユーザーは25GBのままで使用を続けることができました。

今回、旧ユーザーにはどのようにキャンペーンが適用されるのでしょうか?

25GB+15GBで40GB?それとも30GB?

はたして額面通りに25GB+15GBで40GBとなるのか?

+5GBで一律30GBに統一されるのか?

はたまた、本キャンペーンは旧ユーザーには適用されないのか?

筆者のSkyDrive時代のアカウントで試してみると……。

f:id:gadgerepo:20151204151118p:plain

めでたく、40GBとなりました。

40GBのオンラインストレージがあれば、容量不足に悩むWindowsタブレットユーザーとしても画像・動画データなどの退避場所としてかなり有効ではないでしょうか。

ありがとう、Microsoft!

OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
無料
posted with アプリーチ