ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

米Apple、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「Apple Watch」を発表!

SPONSORED LINK

Appleスペシャルイベントレポート

f:id:gadgerepo:20151203120048j:plain

どうも、寝不足の@gadgerepoです。

Appleは2014年9月9日10時(日本時間9月10日2時)に行われたスペシャルイベントで、かねてから噂だった4.7インチディスプレイの「iPhone 6」、5.5インチディスプレイの「iPhone 6 Plus」、そして新デバイスの「Apple Watch」を発表しました。

リーク情報どおりのiPhone 6とiPhone 6 Plus

iPhone 6とiPhone 6 PlusはすでにApple Storeの日本公式サイトでも公開され、SIMフリー版の価格がそれぞれ、

  • iPhone 6(16GBモデル) 6万7800円
  • iPhone 6(64GBモデル) 7万9800円
  • iPhone 6(128GBモデル)8万9800円
  • iPhone 6 Plus(16GBモデル) 7万9800円
  • iPhone 6 Plus(64GBモデル) 8万9800円
  • iPhone 6 Plus(128GBモデル)9万9800円

となっています。

store.apple.com

iPhone 6、iPhone 6 Plusともに新しいRetina HDディスプレイを採用しており、iPhone 6の解像度は1334×750ドットで326ppi、iPhone 6 Plusは1920×1080ドットの解像度で401ppiです。

サイズが大きくなったにもかかわらず、iPhone 6は薄さ6.8ミリ。iPhone 6 Plusは、7.1ミリとなっており、5Sよりも薄くなっています。

またCPUには、新しいA8チップとM8コプロセッサが搭載されており、処理速度・グラフィックス性能が向上しながらも、消費電力を抑えバッテリー駆動時間は従来品より伸びるとのことです。

ネットワークはVoLTEにも対応、より速く快適な通信が可能となっています。

本体カラーは5sと同じくゴールド、シルバー、スペースグレイの3色展開です。

気になる日本での発売日は9月19日、9月12日より予約が開始されます。

「One more thing」はApple Watch

iPhone 6&iPhone 6 Plus、新しい支払システムである「Apple Pay」が発表された後、スクリーンに大きく映しだされた「One more thing…」とともに発表されたのは、同じくかねてより噂されていた腕時計型の新型デバイス、「Apple Watch」でした。

Apple WatchはiPhoneの通信機能を利用することでさまざまなサービスに対応しており、利用可能端末はiPhone 5/5c/5s/6/6Plusとなっています。

タッチ&スワイプはもちろん“Crown”と呼ばれる竜頭型デバイスを利用したホイールスクロールで柔軟な操作が可能。

2015年初頭に発売予定で、価格は349ドルからとのことです。

まとめ

ほぼリーク情報どおりの内容でしたが、画面サイズ、解像度、処理速度、グラフィックス性能の向上に加え、新機能満載の「iOS 8」搭載と正当な進化を果たした「iPHone 6」「iPhone 6 Plus」。可能性を無限に秘めた新デバイス「Apple Watch」と見どころ満載の発表でした。

あとは日本の各通信事業社の料金プランがどうなるか、発表が待たれるところですね。