ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

ガラケーユーザーのアンケートに見る「iPhone 6」の不安。

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151203114439j:plain

エヴァQ、金払って映画館で見てたら腹たってたろうな〜と思う@gadgerepoです。こんにちわ。
いよいよ9月9日(日本時間10日午前2時)に開催される米Appleのスペシャルイベント。
iPhone 6とiWatchが発表されると言われており、早くもApple Storeに並ぶ人も出てきました。

iPhone 6が発表されれば当然いつもどおり阿鼻叫喚の予約合戦が始まるのでしょうね。
ところで、以前当ブログでこんな記事を書きました。

gadgerepo.com

便利なスマホか?安いガラケーか?

iPhone 6に機種変更するユーザーに対して通信事業各社の音声通話定額サービスが加入必須となった場合、月額利用料金の増大・不公平なユーザー負担に反対する現iPhone(スマホ)利用者が、ガラケーに流れるのでは?という私的意見だったのですが、当のガラケーユーザーはiPhone 6についてどう思っているのでしょう?

こんなレポートが発表されました。

news.mynavi.jp

ガラケーユーザーは興味あり?なし?

500名の現ガラケー(従来型携帯電話)ユーザーに対して行われた意識調査の結果なのですが、“iPhone 6が欲しい?”という質問に対して約8割の人が「いいえ(いらない)」、約2割の人が「はい(欲しい)」と回答したそうです。

結果は、500人中388人、約8割の人が「いいえ(いらない)」と回答。残りの112人、約2割の人が「はい(欲しい)」と回答した。「iPhone 6人気ないじゃん!」と思った読者は甘い。これだけスマートフォンが世の中に浸透しているなか、ガラケーを使っている人たちなのだから、強いこだわりを持ってガラケーを使っているに違いない。(もちろん、スマートフォンとガラケーを2台持ちしているユーザーも多いだろうが)むしろ、「2割の人を振り向かせたiPhone 6すげー!」と思うべきだと思う。
引用:iPhone 6、2割のガラケーユーザーを振り向かせる - マイナビニュース調査 (1) iPhone 6は高そう? | マイナビニュース

「欲しい」と答えたユーザーが2割というのはぶっちゃけ多くはないと思うのですがどうなんでしょう?
そして注目すべきは「いらない」と答えたユーザーの理由が

「手持ちの機種に不満がないから」が圧倒的多数だと思ったのだが、意外にも「値段が高そう」が388人中228人、約6割で一番多かった。複数回答であるとはいえ、価格が抑えられれば「欲しい!」と考えるガラケーユーザーが多いのかもしれない。
引用:iPhone 6、2割のガラケーユーザーを振り向かせる - マイナビニュース調査 (1) iPhone 6は高そう? | マイナビニュース

と答えており、「現状に満足していて」「(月々支払う)値段が高くなりそう」だからいらない、と言う人が多い点です。

日本製ガラケーの性能は高く、画面の大きさなどは気にしない人、従来型の使い勝手に慣れ親しんでいる人は余程の場合でない限りiPhone・スマホにはしないでしょう。
また、本体価格や月額料金もiPhone・スマホとガラケーではどちらが安いかは言わずもがなです。

iPhone 6はiPhone 5Sよりも価格が高くなると言われており、この傾向はさらに高くなると思われます。
いくらiPhoneが日本で大人気とはいえ、本体価格プラス月額利用料金のダブルパンチで値段が高くなれば、欲しくても手が出せなくなる人も出てくるのではないでしょうか。

まとめ

筆者も二人の子どもを持つ身として、月々の出費はなるべく抑えたいと常々思っていますので、9日のスペシャルイベントを受けて通信事業各社から発表されるiPhone 6の料金体系次第では、SIMフリー版の購入、格安SIMの導入などなるべく安く購入・利用する方法を模索していきたいと思います。

【追記】※2015年12月記

その後iPhone 6/6 Plusは無事発表・発売され、iPhone 5Sを上回る売れ行きを見せました。さらに翌年にはiPhone 6S/6S Plusも発売、これまた現在絶好調です。

しかし、懸念されていたようにバージョンアップごとに本体価格は上昇、ユーザーが月々支払う金額も上がっている傾向です。

これを受け、総務省は携帯電話の料金引き下げを検討するよう携帯キャリア各社に働きかけ、料金引き下げ策を議論する有識者会議を開いています。

www.asahi.com

今後の成り行きに注目です。