読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

壊してしまう前に!iPad mini 3 用の耐衝撃ケース3選。

Apple Gadget Apple-iPad

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20151111235142j:plain

お久しぶりのガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2015年9月9日に発表されると言われている新型「iPhone 6s/6s Plus」ですが、例年通りだとすれば翌月の10月には新型の iPadシリーズ のリリースも控えていると思われます。

噂によると大型ディスプレイを搭載した iPad Pro や、現行機である iPad mini 3 の次期モデルとなる iPad mini 4が登場するのでは?と言われていますが、現在不振にあえぐタブレット業界に Apple がどんな一手を打ってくるか、楽しみなところです。

さて、まもなく次期モデル登場を控えたこの時期に、筆者は iPad mini 3 用のケースを探すことになりましたw

なぜ今 iPad mini 3 なのか?

新型発表を前に現行機が安売りされていた!とかではなく、フツーに近場の au ショップで 16GB のセルラーモデルを2年縛りで買いました。

といっても筆者自身ではなく、実家の両親のハナシですが。

「そろそろ機種変したい!次はスマホにしたい!」という両親に付き合って au ショップを訪れた筆者。あわよくば新機種投入前で投げ売りになった iPhone 6 を、と思っていたのですがまだ早かったようでそんなキャンペーンもなく、いろいろ話を聞いている中で勧められた iPad mini 3 を父がいたく気に入ったため、父はらくらくスマホ(名前失念)をシニアプランで、母は現在使用中のガラケーはそのままにして、プラス iPad mini 3 を父とデータシェアで利用するカタチで契約という運びとなりました。

当初は予定になかった iPad ですが、どうも以前からタブレットには興味津々だったご様子。

筆者的にはこの時期に iPad は……とも思ったのですが、筆者の娘たちもジィジバァバの家に iPad が!と色めき立っていたので良しとしましたw

選考ケースの条件

さて、そんなわけで iPad mini 3 を購入した筆者両親ですが、ハダカで使うのもどうかと思い筆者がケースを探すことに。というのも

  • 山岳旅行が趣味の両親。当然旅行には iPad 必携。
  • 筆者の娘たちも含め、孫たち子どもギャングの格好の遊び道具になること必至。

を考えれば保護ケース、しかも丈夫な耐衝撃性能のモノが必要かと思われたからです。

山岳旅行中は携帯電話やデジカメなんかも結構ラフに扱っているようですし、子どもギャングの恐ろしさは言わずもがな……。

独断と偏見で選んだ iPad mini 3 用の耐衝撃ケース

それでは筆者が選んだ、耐衝撃性能に優れる iPad mini 3 用ケース、先ずはコチラから。

LifeProof nuud for iPad mini 3

ご存知「LIFEPROOF」の iPad mini 3 用ケースは、スクリーンを保護フィルムで覆わずに、それでいて防水性能を持った密閉型のケースです。

各ポートやボタン部分はすべて防水・防塵・密閉仕様となっているため、屋外での使用にオススメです。

値段がそこそこ高価なのがネックでしょうか?

OtterBox Defender for iPad mini 3

筆者が iPhone 6 Plus でも利用している「OtterBox Defender」の iPad mini 3 版。

防水性能こそ無いものの、その堅牢性は折り紙つきです。

値段も LifeProof より安いところが魅力です。

Fintie iPad mini 3 専用保護ハイブリッドケース

背面のハードプラスチックカバーと TPU 衝撃吸収バンパーの組み合わせて二重に保護するコチラのケース。

液晶画面保護カバー付きで各種ポートにも一体型キャップが装備されており、液晶画面と各種ポートを塵、水、キズから守ります。

そしてなによりも魅力なのが、他の耐衝撃ケースと比べて圧倒的に安いそのお値段。この価格なら試しに買ってみるのもアリでしょう。

まとめ

耐衝撃ケースは総じて重量があるため重くなってしまうのがネックですが、少々雑に扱っても問題ない安心感は何事にも代えがたい魅力。壊してしまう前に保険の意味で購入してみてはどうでしょう。