ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その8

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20151111232456j:plain

とろとろチャーシュー大好きのガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、八回目となる今回のお店は京都府は向日市にある「麺家 影武者」さんです。

向日市「麺家 影武者」

国道171号線沿いの上植野菱川交差点を西に100mほど進んだところにある、ぱっと見 ログハウスのような店構えの「麺家 影武者」。

f:id:gadgerepo:20151111232531j:plain

店の中もまるで民家のような素朴な作りで、明るすぎない照明が気分を落ち着けてリラックスさせてくれます。

コチラがメニュー。レギュラーメニューは炙りチャーシューが目を引く濃厚スープの「影武者ラーメン」、700円。

f:id:gadgerepo:20151111232558j:plain

そのほかには

  • 特製厚切り炙りチャーシューメン……950円
  • 影武者塩ラーメン……750円
  • 牛すじ赤影ラーメン……830円
  • つけ麺(濃厚魚介しょうゆ)200g……840円(300g……940円)
  • 昔ながらの中華そば(しょうゆ)……550円
  • 塩ラーメン……600円

といったレパートリーとなっております。

というわけで、今回は「影武者ラーメン」を選択。

2種類のチャーシューが楽しめる贅沢ラーメン!

空いた時間帯だったこともあり、注文後程なくして運ばれてきたコチラが「影武者ラーメン」。

f:id:gadgerepo:20151111232625j:plain

甘みのあるとろりとした鶏豚骨の濃厚スープ。まったりとして油っぽさはなく飲みやすい。

麺は中細麺でするすると喉を通り、スープとの相性もピッタリです。

トッピングは青ネギ・メンマ・海苔・チャーシューですが、やはり特筆すべきはチャーシュー。薄切りの豚肩ロースと厚切りの炙り豚バラ肉の2種類で、それぞれ違った味わいでラーメンに華を添えています。

特に厚切りの炙りチャーシューはとろとろで柔らかく、これだけで白飯が進みそうな美味しさです。

全体的によくまとまっていて、しつこすぎない味わい。いっしょに頼んだ白ゴハンには高菜とカツオ梅が添えられており、箸休めに丁度いい感じです。

f:id:gadgerepo:20151111232650j:plain

まとめ

店の雰囲気もよく、1人で行くも良し、家族連れで行くも良し。落ち着いてゆっくり味わいたいときには最高の店ではないでしょうか。

麺家 影武者

  • 京都府向日市上植野南淀井8-3
  • 電話番号 075-932-1244
  • 営業時間 11:30〜15:30 17:30~23:00(日曜 22:00まで)
  • 定休日 不定休
  • 駐車場 4台