ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

スズキ ハスラー 納車までの道のり その2

SPONSORED LINK

@gadgerepoです。こんにちわ。

前回、10年来乗り続けた愛車に別れを告げ、スズキの軽SUV ハスラーを契約したものの、“納期は8月になります!”とのスズキ営業さんのことばに耳を疑った筆者でしたが、ネットで情報をあさってみるとどうも8月納期は“ホントは6〜7月くらいだけど、ちょっとサバ読んで8月って言っておこ〜っと!”って感じでなくガチで「うまくいけば8月。」の様子。ホンマか?

カーナビ選考篇

特にXグレードで、人気のツートンカラーであるオレンジ/白、ブルー/白、赤/黒は納期が遅れるようで、ヘタすると納車は12月ごろなどと言われるケースもあるようです。

なんだかな〜(T_T)としばらく悶々とした生活をおくっていましたが、ほどなく「ハスラー」増産のニュースが……

希望の兆し

フムフム、当初は見込み違いで少なめに設定していたと言われるハスラーの月間生産数ですが、思いがけない大人気にスズキもあわててラインを増やしてきたわけですな、

グッジョブ!

とはいえ増産は5月からのようですし、納期が前倒しになってもせいぜい7月でしょうか?まだまだ待つことには変わらないようです。

カーナビをどうするか?

ただ待っててもしょうがないので、後付けオプションをどうするか考えることにします。とはいえ、ほとんどクルマに興味のないガジェオタの筆者がこだわりたいところは

カーナビのみ!

以前のクルマに付けていたカーナビは約10年前のモデルで、地図データを記録しておく媒体がHDDに移行するギリギリ前のDVDタイプでした。

テレビはアナログ時代のものでしたのですでに映らず、もっぱらラジオチューナーとCDプレーヤーのみの使用、そのCDも最近は熱暴走でひんぱんに止まる有り様でしたので、新しいナビになるのは、言ってしまえばクルマが新しくなるよりもウレシイ!

純正カーナビはカタログを見る限りではイマイチっぽく、オーディオレスで契約し、社外品を取り付けることにしていたのでさっそく情報を集めます。

10年という時間の流れは、ガラケーがスマホに変わり、テレビはアナログから地デジ、フルHDから4Kへとさまざまな技術革新をもたらしました。

はたしてカーナビにはどのような進化があったのでしょうか?



あれ!?あんまし変わってない!!?

いやいや、確かに記録媒体はHDDからさらにメモリになって衝撃振動にも強くなり、タッチパネル化やスマホとの連動など良くはなっているんですが……

もっとなんかこう!グッとくるものが!!

無いんですよね。ですから筆者としてはAppleのCarPlayにひじょうに興味シンシンなんですが、国内での対応はまだ先のようですし。

WWDC2014に展示されたCarPlay搭載車で日本語対応をチェック | レポート | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ともかくCarPlayはおいといて、現行機種の人気商品から筆者が興味をひかれたのは次のこの2機種です。

三菱のサウンドナビ。音質の良さに定評アリなところに惹かれます。長時間のドライブ中、音楽はかかせませんからね。価格コムのカーナビ満足度ランキングの上位常連です。

タッチパネルの操作性とAndroidやiPhoneなどスマホとの連携が優秀なKENWOODの彩速ナビ上位モデル。USBポート2基、Bluetooth、Wi-Fi、HDMI搭載の拡張性の高さも人気のヒミツです。特にSDカードやUSBメモリに入れてそのまま再生できる音楽・動画対応フォーマットの多さが他社より決定的なセールスポイントです。

これらをふまえて、次回は実際オ◯トバックスに出かけて触って判断したいと思います。つづく。