ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

『モンスターハンター:ワールド』が各地で大反響!について雑感。

SPONSORED LINK

モンスターハンター:ワールドのイメージ01

助けて!寝てないの!ガジェレポ!@gadgerepoです。

発売以降、連日どっぷりと筆者がハマっている『モンスターハンター:ワールド』

海外でも高い評価を受けているそうですね。

発売3日で全世界500万本出荷!

 

2018年1月26日に発売された『モンスターハンター:ワールド』ですが、発売から3日で全世界出荷本数(ダウンロード版販売実績を含む)が500万本に達したとのこと。

japanese.engadget.com

 

日本国内ではPlaystation®4版だけですが、全米・欧州その他では Xbox One版も販売されており、好調な売り上げを牽引しています。

また、ドイツ・フランス・スペイン・アメリカなどの海外ゲームメディアからも高評価を受けているそうで。

news.denfaminicogamer.jp

 

外国のゲーマーたちも、

といった感じで盛り上がっているようです。

実に “9年ぶり”となる据え置き機向けモンハンの本作ですが、やはり美麗なグラフィックをリビングの大画面モニターでプレイすることによる「没入感」がスゴイですね。

フィールドでのギミックやアクションが増え、「やれる事」が格段に増えている点も相まって、次々と新しい発見がある楽しさ!!

携帯機と比べても機能が多く、ワイヤレスで快適操作が可能な「コントローラー」でのプレイも高評価に繋がっていると感じます。

しかし、一方でこんな意見も……

news.nicovideo.jp

 

“据え置き機だと、みんなで集まってモンハン!みたいなプレイが出来なくてなんか寂しいね。ゲームとしての完成度はとてつもなく高いと思うんですけどねー。”
“スイッチとかDSとかPSPは持ってって集まってできたから楽しかった。据置にしてもネッ友が居ないからやっても意味無いwwwチャットでやっててもおもんない!”

と据え置き機ならではの弱点を指摘する声もあった。
引用:モンハン新作発売に反響 据え置き機に不満も | ニコニコニュース

 

これは確かにありますね〜。

友達と携帯機を持ち寄って集まり、ワイワイ騒ぎながら狩りに興じる……という楽しみ方が出来なくなってしまいました。

筆者は「ぼっち」だから一向に構わないが。

それと、通勤途中の電車やチョットしたスキマ時間に一狩り……というのが出来なくなった分、世の中の「お父さんハンター」にはプレイ時間の捻出が悩みどころとなっちゃいましたね。

 

まとめ

 

それでもお父さんは、今日も寝る時間を削って狩りに出かけるのです!