ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

MHP2Gしかやったことないけど、『モンスターハンター:ワールド』が待ち遠しい!

SPONSORED LINK

モンスターハンターワールドのイメージ01

弓使いガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

いよいよ今週、2018年1月26日(金)にカプコンよりPlayStation®4 ソフト『モンスターハンター:ワールド』が発売されますね。

超美麗グラフィックでハンティング!

 

PSファンが待ちに待っていたPlayStation®4版モンハン、「モンスターハンター:ワールド」。

 

2017年6月にE3で発表されて以来、筆者もずっと楽しみにしていました。

従来よりも広大で、シームレスに繋がったマップ。

PS®4の性能をいかんなく発揮した超美麗グラフィックによる、様々な仕掛けが用意され多彩なアクションが可能なフィールド。

目・鼻・口などの顔のパーツ単位で細かく、自分好みに設定できるキャラクターエディット。

新たに追加された、フィールドで遭遇したモンスターと交渉することでモンスターが狩りをサポートしてくれるようになる「オトモダチ」システム。

その魅力は挙げ始めればキリがありません。

発売日当日、すぐにでもやり始めたいが為にダウンロード版で予約している筆者ですが、実のところ「モンハン歴」はプレイステーション・ポータブル(以下PSP)で発売された「モンスターハンターポータブル 2nd G(以下MHP2G)」のみ。

 

とはいえ、売り上げは400万本以上、PSP最大のヒット作となったMHP2Gは筆者がこれまでのゲーム歴の中で最もやり込んだソフト。

プレー時間はトータルで 400時間を超えていたと記憶しています。

毎日毎日、寝ても覚めても、どこへ行くにもPSPを携帯してたなぁ……。

シングルプレイではどうしても敵わないモンスター「ラオシャンロン」を倒すため、“ぼっち” の筆者がマルチプレイのために「Xlink kai」を必死で設定したのはいい思い出です。

そこまでやり込んだMHP2Gでしたが、その後は反動からかすっかり「モンハン」シリーズから遠ざかり……。

先日、1月19日(金)から三日間行われた「モンスターハンター:ワールド」第3回 βテスト。本番前に少しでも勘を取り戻そうと参加してみた筆者ですが、

こんなに難しかったっけ!?

すっかり腕が錆びついたことに驚愕してしまいましたが、何はともあれ、1月26日の発売が楽しみです。

 

まとめ

 

こんな “ヘナチョコ弓使い” ですが、やさしいベテランハンターの皆様、クエストに参加させてください!