ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

本気で『指笛』にチャレンジ!上手な吹き方のコツは?

SPONSORED LINK

指笛のイメージ01

ヒューヒューだよ!ガジェレポ!@gadgerepoです。

年頭、「新しいことにチャレンジしたい」みたいなことを言っていた筆者ですが。

gadgerepo.com

 

先ずはその一環として、『指笛』にチャレンジしてみました。

“場の盛り上げ” や“あおり” にピッタリ!

 

「指笛」とは、指を口に咥えて鳴らす特殊な口笛の一種。

口笛よりも大きく高い音を出すことが可能なため、以下のように様々なシーンで活用できます。

  • カラオケ・ライブの盛り上げに
  • いちゃいちゃカップルの冷やかし
  • ゲームや試合などで相手への煽りに
  • ナンパ
  • 牧羊犬に命令する時
  • 鳥(鷹のたぐい)を呼ぶ時
  • 敵、あるいはゾンビをこちらに惹きつけ、我が身を犠牲にして仲間を助ける時

 

もちろん、口笛よりも難易度が高いぶん、使える人もあまり見かけないため(地域にもよりますが)大きく「ピューーーイ!!」と吹くことが出来れば注目度バツグン、小学生男子の間で人気者になれること間違いなしです。

 

そもそもなぜ「指笛」?

 

昔からアニメや映画で指笛を使っているシーンを観て、「鳴らせるようになりたい!」と憧れていたのが理由のひとつ。

そして最近、指笛が使える友人に「メチャクチャ自慢されて悔しかった!」というのがもうひとつの理由w

なんとしてもマスターしたいのですが、彼から教えを請うわけにはいきません。

よって独学で習得することにいたしました。

今は YouTube で検索すれば、大概のことはレクチャーされているのでありがたいですね。

ひと通り動画を拝見して、ポイントに気をつけながら自分なりにアレンジを繰り返し、練習すること三日間!なんとか音が鳴るように!

筆者が最初に練習したのは両手の人差し指二本を使うバージョン。

片手の人差し指一本だけのバージョンよりも音が出しやすく、カンタンです。

やり方は、人差し指二本を爪が上になるようにして口内、舌の下に第一関節くらいまで突っ込みます。

この時、イメージとして鼻の下を伸ばし、上唇で上の歯を覆うように。

指笛のイメージ02

 

上唇&上の歯と舌・指の間は気持ち隙間が出来るようにし、逆に舌・指・下の歯は隙間を無くす感じに指を咥えます。

指笛のイメージ03

 

そして、上唇&上の歯と舌・指の隙間から、人差し指二本の間に息を通すイメージで、

「ピューーー」(フーーではなく)

と吹きながら、人差し指二本の上下左右の角度を調節し、音の出るポイントを探っていきます。

筆者の場合、人差し指二本の角度はなるべく狭く、上下角は下げたほうがなりやすかったですね。

これを繰り返し、より大きく「ピューーーイ!!」と鳴らすことが出来れば完成!

それでは、両手人差し指二本バージョンだけでなく、片手人差し指一本バージョンも体得した筆者の指笛をご堪能ください!


指笛(両手バージョン)


指笛(片手バージョン)

 

……もっとガンバリます。

 

まとめ

 

吹ければちょっとだけ(にしましょう)自慢できる『指笛』
みなさんも練習してみては?