ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

『iPhone 6 Plus』ユーザーはAppleのバッテリー交換サービスをすぐ受けられないかも。

SPONSORED LINK

iPhone6 Plusのイメージ01

iPhone 6 Plusオーナーのガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

先ごろ話題となった「iPhoneのバッテリー劣化による意図的な性能低下問題」。

この対策として、“ iPhone のバッテリー交換プログラム”を日本を含む各国でスタートした Appleですが、一部地域では「iPhone 6 Plus」のバッテリー不足が起きているようです。

iPhone 6 Plusは3月下旬〜4月上旬までお預け?

 

元ネタとなるのはコチラの記事。

www.cultofmac.com

 

Apple が実施するバッテリー交換プログラムは2018年1月から12月まで、日本国内では3,200円(税別)と格安の割引き価格で交換できるというものですが、アメリカや一部地域ではバッテリー不足が起こっており、数ヶ月待ちという状況になっているようです。

特に iPhone 6、iPhone 6 Plus、およびiPhone 6s Plusのバッテリーが不足しているとのことですが、iPhone 6とiPhone 6s Plusは交換に約2週間待ち、iPhone 6 Plus に至っては3月下旬から4月上旬まで待たされるケースも。

一方、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone 7 Plus、あるいは iPhone SEユーザーは、ほとんどの国で待たされることなくバッテリー交換することができるとのこと。

これはあくまでアメリカ及び一部地域での話であり、日本でどうなるかはわかりませんが、国内の販売台数等を考えれば同じ状況になる可能性は高いでしょう。

3,200円と通常価格の60%割引きでバッテリーが交換できる今回のプログラム、「交換は1台につき1回のみ」という制限付きですが、劣化したバッテリーを格安で新品にできるとなれば交換希望者が殺到するのもうなずける話です。

ただ、サービス実施期間は2018年12月までと一年近く設けられていますので、バッテリー不足該当機種のユーザーは焦らず不足が解消されてから利用するのが吉、のようですね。

 

まとめ

 

バッテリーの持ちが特に問題ないなら、焦らず年内交換で!