ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

イルミネーションやパーティーだけじゃない!オススメなクリスマスの過ごし方。

SPONSORED LINK

オススメなクリスマスの過ごし方のイメージ01

プレゼントは漫画「BLUE GIANT」全10巻が欲しいガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2017年もいよいよ大詰め、もうすぐクリスマスですね。

皆様、クリスマスのご予定はお決まりですか?

いつもとは違うクリスマスの思い出を……

 

クリスマスは恋人とデートやご家族でディナー、あるいは友だちとパーティー、もしくは仕事・バイトの予定が……と過ごし方は人それぞれ。

2017年は12月23日が土曜日であり祝日、そして24日のクリスマスイブは日曜日となっており、例年以上の盛り上がりが予想されます。

しかし、年に一度のクリスマス、いつもと同じ過ごし方では面白味に欠けますね。

なにより、今年はクリスマス・イブが日曜日。

というわけで、恋人と、ご家族と、お一人様でもクリスマス・イブ&クリスマスを過ごすのにピッタリの、オススメな場所があります。

それは、キリスト教会

カトリックやプロテスタントといった宗派のあるキリスト教ですが、その信仰の対象となっているのは「父なる神」「御子イエス」「聖霊」からなる三位一体の神。

その「御子イエス」が人間として生まれた日(降誕)をお祝いするのが、12月25日のクリスマス(Christ “キリスト”)(mass “ミサ”)です。

教会ではクリスマス(12月25日)の4回前の日曜日からクリスマスイブ(12月24日)までの約4週間を「アドヴェント(降誕祭)」とし、期間中、ミサ・礼拝が行われる日曜日は降誕にちなんだ特別なプログラムが持たれます。

今年は12月3日がアドヴェントの第一週となり、そのクライマックスである第四週がちょうど12月24日、クリスマス・イブとなっているわけです。

当然、その日曜日にはイエス・キリストに心から感謝し、イエスの降誕にちなんだ讃美歌や聖書からのメッセージが語られる礼拝となっており、クリスマスの起源を理解するのにはうってつけ。

おごそかな雰囲気の教会で、“本当のクリスマス”を経験することが出来ます。

「いきなり礼拝に参加するのはちょっと……。」

という方、教会によっては礼拝以外にもクリスマス・キャロルやゴスペルのコンサート、キャンドル・サービスといった催しもあり、もちろん一般の方も参加は自由。

近場のキリスト教会を検索して、当日のプログラムを調べてみてはいかがでしょう。

教会は初めての人でも、オープンな感じで気兼ねがなく、クリスマスを盛大に楽しめること請け合いです。

「わざわざ人混みの中にお出かけするのは疲れるだけ。」

「家でケーキを食べてプレゼント交換するだけのクリスマスには、もう飽きた……。」

「クリスマスを、一緒に祝う人がいない……。」

そんな人達に、オススメなクリスマスの過ごし方です。

 

まとめ

 

以上、なんちゃってクリスチャンの筆者からのご提案でした。