ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

スマートスピーカー『Google Home』が様々なサードパーティー製サービスに対応。

SPONSORED LINK

GoogleHomeのイメージ01

「ねぇ、Google!」派のガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

ソニーの「LF-S50G」も発売が決まり、何かと話題のスマートスピーカーですが、先行して発売中の『Google Home』 『Google Home Mini』は2017年10月24日より、Googleアシスタントに対応したサードパーティー製アプリによるサービスが利用可能になりました。

「食べログ」や「楽天レシピ 」が利用可能に!

 

今回発表されたサービスは、Googleアシスタントに対応したアプリを開発できるプラットフォーム「Actions on Google」を使って開発されたアプリケーションによるもの。

「Actions on Google」で開発されたアプリは「Google Home」だけでなく、Androidや iOSデバイスなどでも利用可能。

これまで「Actions on Google」は英語にのみ対応していましたが、ついに日本語対応のアプリケーションが登場です。

10月24日より利用できるのは次の11サービス。

ブログサービス「Ameba」

(芸能人ブログランキングなど)

賃貸情報サービス「SUUMO」

(賃貸物件検索)

音階を予想するクイズ「絶対音感オーケストラ」

(音感あてクイズ)

グルメ情報サービス「食べログ」

(指定した駅近辺の人気飲食店検索)

チラシ情報サービス「トクバイ」

(自宅住所近辺のスーパー特売情報)

サーフィン情報サービス「なみある?」

(日本全国各地の波情報)

クイズサービス「日本史語呂合わせ」

(年号の語呂合わせクイズ)

英会話サービス「ベストティーチャー」

(英会話問題)

グルメ情報サービス「ホットペッパーグルメ」

(指定した駅近辺のオススメグルメ)

地図サービス「Yahoo! MAP」

(自宅住所のごみ捨て日情報)

料理レシピサービス「楽天レシピ 」

(食材・ジャンルからのレシピ提案)

利用方法ですが、「OK、グーグル」もしくは「ねぇ、Google」と呼びかけた後、

「“SUUMO”につないで」

「“楽天レシピ”につないで 」

と、使いたいサービス名を指名すると、それぞれのサービスに切り替わります。

サービス利用後は「おわり」と呼びかければ、Googleアシスタントに戻ります。

 

まとめ

 

はっきり言ってサービスとしては未だ発展途上な感が……
しかし、これからの改善・発展は期待できそうです。