ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【妖怪ウォッチ ぷにぷに】2017年8月版、Yマネーの稼ぎ方。

SPONSORED LINK

妖怪ウォッチぷにぷにYマネー稼ぎのイメージ01

実生活でもコレぐらい稼げたら……。ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

もはや筆者にとって生活の一部になっている iOS/Android 対応の落ち物系パズル妖怪ウォッチ ぷにぷにですが。

 

妖怪ウォッチ ぷにぷに
妖怪ウォッチ ぷにぷに
開発元:Level-5 Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

2017年8月現在、Yマネー稼ぎで筆者が多用しているパーティーをご紹介します。

「妖怪ウォッチ ぷにぷに」のガシャ事情

 

多くのソシャゲやスマホゲーは、ガシャを回すために「ジェム」や「◯◯石」などのアイテムが必要です。

なおかつ、そのアイテムは通常、イベントやログインボーナス等以外の入手方法は課金しかなかったりしますが、その点で「妖怪ウォッチ ぷにぷに」は、他と一線を画しています。

というのも、ぷにぷにでガシャを回すために必要なのは「Yマネー」というゲーム内通貨なのですが、このYマネーはゲーム上の「パズルバトル」で手に入れることができます。

また、バトルするには「ひとだま」を一つ消費するのですが、これも「Yマネー」で購入可能。

つまり、効率よく「Yマネー」を稼げばいくらでもバトルができて、いくらでもガシャが回せる、ということになります。

ね、なかなか良心的なゲームでしょ?

 

オススメは「なぞり消し」+「自身の妖怪ぷにがでかぷにでふってくる」妖怪

 

ぷにぷにを始めたばかりの頃は、コチラのようなマネー稼ぎをしていたのですが……。

gadgerepo.com

 

ここ最近では手持ち妖怪の種類も増え、「ひっさつわざ」レベルも上がって育ってきたので、稼ぎ方も変わってきました。

しばらくメインのパーティーだったのは、攻撃力アップ系・スコアアップ、そして単体攻撃の「ひっさつわざ」持ちで攻撃力の高い妖怪が豊富な「イサマシ」族に、「すべてのしゅぞくこうかアップ」スキル持ちの「覚醒エンマ」を組み合わせたもの。

妖怪ウォッチぷにぷにYマネー稼ぎのイメージ02

 

このパーティーで、相性の良い「フシギ」「ニョロロン」族を相手にして高速周回。1回のバトルで 1,000Yマネーていど稼いでいたのですが、最近のパーティーはコチラ。

妖怪ウォッチぷにぷにYマネー稼ぎのイメージ03

 

攻撃力アップ系・スコアアップを「イサマシ」族で固めるのは同じですが、ひっさつわざ「なぞり消し」持ちの「太陽神エンマ」、さらにスキル「自身の妖怪ぷにがでかぷにでふってくる」を持つ「先代閻魔大王」の組み合わせです。

コチラは同じような組み合わせで、「自身の妖怪ぷにがでかぷにでふってくる」スキル持ちの「武将日ノ神」を追加したもの。

妖怪ウォッチぷにぷにYマネー稼ぎのイメージ04

 

これらパーティーの特徴は、フィーバーに入って攻撃力アップ系・スコアアップを発動後「先代閻魔大王」&「武将日ノ神」のひっさつわざを打ち、続いて「太陽神エンマ」のなぞり消しを行うことで、でかぷにが落ちやすい「先代閻魔大王」と「武将日ノ神」の技ゲージがすぐに溜まって、さらにひっさつわざが打てるところ。

コチラの動画をご覧ください。

※全妖怪のひっさつわざレベル7、「先代閻魔大王」のスキルレベル5です。


【妖怪ウォッチぷにぷに】Yマネー稼ぎ(2017年8月版)

 

バトルが始まったら、最低でも「攻撃力アップ」、「先代閻魔大王」&「武将日ノ神」、「太陽神エンマ」の技ゲージを貯めてからフィーバー突入。

攻撃力アップ

先代閻魔大王&武将日ノ神

太陽神エンマ

の順にひっさつわざを発動させ、なぞり消しで「スコアアップ」や「先代閻魔大王」&「武将日ノ神」の技が打てるようになったら続けて発動、という手順です。

このパーティーの良いところは「手軽に手堅く稼げる」という点。

1回のバトルが1フィーバー突入までの1〜2分程度と短く、1,500〜1,700Yマネーが稼げます。

「イサマシ」「太陽神エンマ」「先代閻魔大王」の組み合わせなら相性もあまり気にせず、イベントのマップ攻略中でもマネー稼ぎができて一挙両得・一石二鳥。

なにより筆者が気に入っているのは、なぞり消しですぐに「ひっさつわざ」が貯まるところ。

連チャンで打てるのが気持ちいい〜!

 

「妖怪ウォッチ ぷにぷに」攻略には「Su-Pen」がオススメです。

gadgerepo.com

 

まとめ

 

「ヤマタン」を加えて整地すればさらに稼げるんでしょうが……。
筆者も含め「整地は苦手で……」という方はお試しください。