ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その30

SPONSORED LINK

石田てっぺいのイメージ画像01

今日は一人外食のガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、三十店目は京都府長岡京市『石田てっぺい 長岡京店』さんです。

京都府長岡京市「石田てっぺい 長岡京店」

 

大阪を中心にチェーン展開しているユニークな名前のラーメン店「石田てっぺい」。その長岡京店に初訪問です。

国道171号線、京都方面側の道路沿いに店舗を構えており、大きくカラフルな看板が目印となっています。

2014年にオープン、すぐ近くに “つけ担々麺”の人気店「風来房」がありますが、コチラも負けず劣らず安定して集客している様子。

店に入って、設置された券売機で食券を買います。

券売機システムのお店では、券売機自体にメニューの写真が無くて見た目で判断できず、何を食べたらいいか迷うことが多々あるのですが、「石田てっぺい」ではイラスト付きで安心w

※コチラは店内壁面のPOPですが、こんな感じのイラストが券売機に貼られていました。

石田てっぺいのイメージ画像02

 

で、筆者はとんこつLOVEの「てっぺいラーメン」に決定。食券を渡す時に麺の硬さも注文できます。今回は「バリカタ」を選択。

空いていたのでテーブル席に一人で座り、ラーメンの到着を待ちます。

席はカウンター・テーブル合わせて20席ほど。ゆったりと広めの店内で狭苦しさはありません。

いたるところに手書き風POPが貼られていて、オモシロイ。

 

濃厚豚骨「てっぺいラーメン」

 

コチラがお待ちかねの「てっぺいラーメン」

石田てっぺいのイメージ画像03

 

白濁豚骨スープはドロっと濃厚で、クリーミーな味わい。通常の2〜3倍の濃さだそうです。

それでいて「しつこさ」は無く、見た目に反して飲みやすいのがいいですね。

麺は極細ストレート。やはり博多系豚骨スープには硬めの細麺が相性バッチリ、麺がスープをほどよく絡め取ってくれます。

トッピングは煮玉子、チャーシュー、青ネギにキクラゲ。チャーシューはトロットロで柔らか。デフォルトで煮玉子が付いているのもウレシイです。

全体に量がちょっと少なめですが、博多ラーメンお馴染みの “替え玉おかわり”が前提だからでしょうか。

筆者的には、濃厚なスープはご飯といっしょに戴くのがベスト!

 

まとめ

 

京都では珍しい「博多系」濃厚豚骨ラーメン
ローテーションに加えてみてはいかがでしょう?

 

石田てっぺい 長岡京店

  • 京都府長岡京市神足暮角6‐1
  • 電話 075-954-7644
  • 営業時間 11:30~15:00 18:00~24:00
    ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日 年中無休
  • 駐車場 有り(5台)