ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【我が家一番の働き者】お掃除ロボット『ルンバ』のバッテリーを初交換。

SPONSORED LINK

ルンババッテリー交換のイメージ画像01

ドラクエ11 楽し〜!!ガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

さて、最近 購入者自宅のマッピングデータ云々で話題となったiRobotのお掃除ロボット『Roomba(ルンバ)』

我が家でも絶賛活躍中ですが、近ごろバッテリーの持続時間がめっきり少なくなってきました。

そこで今回は、ルンバのバッテリー交換の様子をレポートいたします。

意外と長持ち?ルンバのバッテリー

 

我が家のルンバは、2014年2月購入の「ルンバ 527J」。

 

ワンフロア18帖ほどのLDKで週1〜2回程度の使用、1回のお掃除でおよそ1時間くらいの運転ですが、3年も経つと電源を入れて5〜10分後に「バッテリー切れ」で活動停止するようになってきました。

当然、お掃除は完了するわけもなく、ゴミは残ったままの「仕事放棄」状態

とはいえ、メーカー公称ではバッテリー交換を1年程度、と謳っていますので3年間はよく保った方ではないかな?

と、いうわけで初めてのバッテリー交換に踏み切ったわけですが、Amazonで検索したところ純正品は 1万円前後となかなかのお値段。

 

他にも調べてみると、互換品ではあるものの値段は4,000円台、レビューの評価も高いコチラの商品があったので、試してみることにいたしました。

※互換品につき、ご購入の際は自己責任でお願い致します。

 

ルンバのバッテリー交換手順

 

程無くしてバッテリーが到着したので、さっそく交換です。

ルンババッテリー交換のイメージ画像02

 

本体の取扱説明書を探してみたところ、見事に紛失していたので、公式サイトのオンライン説明書でチェック。

store.irobot-jp.com

 

本体をひっくり返し、4箇所のネジを取り外します。

ルンババッテリー交換のイメージ画像03

 

続いて前輪の取り外し。力を入れて真上に引っこ抜きます。

ルンババッテリー交換のイメージ画像04

 

そしてエッジクリーニングブラシも、ドライバーを使って取り外します。

ルンババッテリー交換のイメージ画像05

 

これで、裏面カバーが取り外せるようになりました。

カバーを外すとバッテリーがお出ましです。

ルンババッテリー交換のイメージ画像06

 

バッテリーは固定されておらず、上に引き抜くとスポッと外れます。

ルンババッテリー交換のイメージ画像07

 

外せるパーツ類は取り外し、普段目の届かないところをチェック&お手入れ。

ルンババッテリー交換のイメージ画像08

 

ルンババッテリー交換のイメージ画像09

 

そして購入した互換品バッテリーをセットします。

ルンババッテリー交換のイメージ画像10

 

バッテリーをはめ込むと、「ピッ」という音がして認識します。ちょっとビビったのはナ・イ・ショ。

ルンババッテリー交換のイメージ画像11

 

あとは、逆の手順でパーツ類・カバーを取り付けてバッテリー交換は完了です。お疲れ様でした。

 

まとめ

 

バッテリー交換後のルンバは、元気いっぱいで通常業務に戻ってくれました〜。
「最近うちのルンバが元気なくて……」とお悩みの方、ぜひバッテリー交換をお試しください!