ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

【au から格安SIM へ乗り換え体験記】mineo にするなら『エントリーパッケージ』がお得!

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20170222190621j:plain:w640

映画「夜は短し歩けよ乙女」が楽しみなガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

au から格安SIM への移行を決意し、「MNP予約番号」を手にした筆者。

しかしこれまで肝心の“移行先”を決めあぐねておりました。

が、今宵ついに決定です。

移行先は「mineo」!決めてはサービスの充実度

 

au から携帯機種はそのままに格安SIM に変更しようとすると、筆者の場合は移行先の選択肢が2件しかないのはコチラの記事でもご紹介したとおり。

gadgerepo.com

 

「ケイ・オプティコム」系列会社の『mineo』、もしくはKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」提供の『UQ mobile』です。

「データ+音声通話」プランで、同じ通信容量である「3GB」タイプならば月額料金はほぼ同額。

そうなると『mineo』の“満足度の高い各種サービスの充実”を選ぶか、『UQ mobile』の定評ある“高速・高品質の通信速度”を選ぶのか……。

散々悩んだ筆者が選んだのは『mineo』

「パケットシェア」「パケットギフト」、そして「フリータンク」など万一パケットが不足した場合にも補うことができる各種サービスが充実している点が決め手となりました。

筆者と奥さん共に移行するつもりなのですが、どちらかがパケット不足になった場合も安心です。

(「パケットギフト」は同一のeoIDで契約した回線間では利用できないので注意。)

利用者からの評判が上々なところもプラスポイント。

なにより、『UQ mobile』には“特別クーポン”の件で裏切られた感が……

gadgerepo.com

 

というわけで、さっそく『mineo』に申し込むことにいたしました。

契約手数料が無料になる『エントリーパッケージ』で申し込もう!

 

そうと決まれば善は急げ……といきたいところですが、ちょっと待った。

『mineo』に申し込む場合自宅でWebサイトから、もしくは実店舗・提携店に赴いて、となりますがどちらも契約時に契約事務手数料3,240円が必要となります。

ところが 『mineo エントリーパッケージ』を購入し、Webサイトの申し込みページからパッケージに書かれている「エントリーコード」を入力して申し込めばこの契約事務手数料3,240円が無料に!

エントリーパッケージは提携店でも販売されていますが安いのはやはり「Amazon」。

2017年2月現在、税込み 909円で販売されています。

 

お申し込みの流れ|mineo(マイネオ)にアクセスし、「新規お申込み」に進むと「申し込み方法の選択画面」となり、エントリーパッケージからの申し込みが選択できます。

f:id:gadgerepo:20170224005847p:plain:w640

 

そして表示される「エントリーコード入力フォーム」に、エントリーパッケージに記載されている16桁の英数字を入力すればOK。

f:id:gadgerepo:20170224010254p:plain:w640

 

これで契約事務手数料は不要となり、2,000円強の節約となります。

まとめ

 

小さな節約ですが、転出時に違約金 10,260円を取られた筆者としてはありがたい!
お得な『エントリーパッケージ』、知らなきゃ損ですよ!