読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

不定期連載 “京都ラーメン探訪” その22

Diary-ラーメン

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20170220224746j:plain:w640

定期検診に向けて、そろそろ対策しておきたいガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

筆者が気まぐれに訪れたラーメン屋をレポートする “京都ラーメン探訪” 、二十二回目の今回訪れたのは京都市南区『ラーメン屋台 吉祥院店』さんです。

京都市南区「ラーメン屋台 吉祥院店」

 

「ラーメン屋台 吉祥院店」さんは菅原道真公ゆかりの吉祥院天満宮の近くで営業されているラーメン屋さん。

“ラーメン屋台”とありますが、ちゃんと店舗を構えてらっしゃいます。

城陽にある「ラーメン屋台」の系列店とのこと。

店内にはカウンター席以外にテーブル席2つ、座敷2つで家族連れも安心。

コチラのお店、表の看板にデカデカと書かれている「台湾ラーメン」が文字通り“看板メニュー”。

台湾ラーメンとは……

台湾ラーメンとは編集

ということで名古屋のご当地ラーメンとして有名な、唐辛子と韮(ニラ)、そぼろが入ったピリ辛ラーメンです。

最近は京都でもよく見かけるメニューとなりましたね。

というわけで、今回は迷うことなく「台湾ラーメン」を注文です。

台湾ラーメンだけじゃない!サイドメニューが豊富な人気店

 

さてコチラのお店、「台湾ラーメン」だけが売りではありません。

アイキャッチに使った店内メニューを見てもわかるとおり、焼き鳥などの串焼やスジ焼、おでんに「アパッチ」と呼ばれる手羽先の唐揚げなど一品メニューがメチャクチャ豊富。

ラーメン屋、というより居酒屋のような品揃えです。

今回筆者が訪問したのは日曜日の夜、入ってすぐは店内は筆者以外に先客一組のみでしたが、しばらくするとあれよあれよという間にお客さんが入ってきて店内に置かれたおでん鍋の周りに人だかりができていました。

そんなホノボノ・賑やかな雰囲気の中、いよいよ「台湾ラーメン」の登場です。

f:id:gadgerepo:20170220235136j:plain:w640

 

店員さんから「底の方からよく混ぜてください。」と教えられ、必死にかき混ぜてからさっそくいただきます。

唐辛子が入って見た目辛そうですが、一口飲んでみるとピリ辛程度でほんのり甘く飲みやすいスープです。(ちょっとお子様には辛いかもしれませんが)

中細ストレート麺は少し柔らかめ?もうちょっと硬めのほうが好みかな。

具材は韮に玉ねぎとモヤシ、そぼろとチャーシュ(チャーシューは有り・無しが選べます)。

韮のシャキシャキした感じがいいアクセントになっています。

f:id:gadgerepo:20170221000708j:plain:w640

 

そぼろは少なめ、チャーシューも脂身が少ないものを使用されているので意外にさっぱりとした味わい。チャーシューの味付けもいい感じです。

なんといってもスープの辛さと甘さ、韮・そぼろといった具材による味わいのバランスが絶妙!

一緒に食べるご飯が美味しい!(ごはん好き)

まとめ

 

京都の背脂ラーメンとは違ったクセになる美味しさの「台湾ラーメン」
サイドメニューの豊富さも相まって、通いつめたくなるお店です。

 

ラーメン屋台 吉祥院店

  • 京都府京都市南区吉祥院前田町2-61
  • 電話番号 075-671-2215
  • 営業時間 11:30~23:45 ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
  • 駐車場 有(2台)