読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

岡山県『日本一のだがし売り場』に行ってきた。

Diary

SPONSORED LINK

 

 

お菓子大好きガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

シルバーウィークの三連休、皆様いかがお過ごしでしょうか?

筆者は今回、知人宅にお招きにあずかりまして、家族共々岡山県にやってまいりました。

とはいえ、岡山県には何度も訪れたことがあり、メジャーな観光名所は行き尽くした感があったので“どこに行こうかなぁ?”と考えていたのですが、知人が「楽しいところへ連れて行ってあげる」とのこと。

それがタイトルの『日本一のだがし売り場』なのです。

昔懐かしい駄菓子とオモチャで童心に返るひと時

 

というわけでやってきたのが岡山県瀬戸内市にある『日本一のだがし売り場 もったいない広場』。

 

もともとお菓子の卸業をされていた会社ですが、敷地内で駄菓子などを販売したところクチコミで人気を呼び、2015年には売り場を大幅に拡張してリニューアルオープン。

その品揃えと値段の安さで、今や遠方からもお客さんが押し寄せる大人気スポットとなっているそうです。

倉庫をそのまま売り場に利用しているので、ご覧の通りとてつもなく大きな店舗となっています。

 

当然中もこのとおり、所狭しとお菓子が並んでいます。

 

子どもの頃、お馴染みだった駄菓子がアレもコレも揃ってる!

 

 

棚にはケースで陳列されており、あこがれの“箱買い”も可能。

 

買い物カゴに次々と駄菓子を放り込んでいる子どもたちw

 

なんと、店内に昔懐かしの駄菓子屋さん風建物を再現。

なるぼど、上から読んでも下から読んでも「シカダダカシ」ってことか……。

 

 

 

オリジナルのトートバッグも販売中。かわいいw

 

さらに『縁日屋敷』コーナーでは、これまたオッさん殺しの懐かしおもちゃを、さながら縁日の雰囲気で販売!

その品ぞろえは圧巻の一言!

 

 

 

 

筆者がツボったのはこのゴムとばしグライダーと……

 

 

火薬ピストル!

 

店内に掲げられた『日本の“だがし”で世界平和を!』に本気が伺えます。

 

今回、筆者の戦利品はコチラ。

 

ゴムプロペラ飛行機『ライトプレーン』、税別320円也。

 

中年男の忘れていた童心、プライスレス。

まとめ

対象商品は通常より安く売られているとはいえ、アレもコレもとつい買いすぎて結局数千円ほど使ってしまいました。

なんというオッさんホイホイ……。

まるで宝探しをしているかのような気持ちで、大人も子どもも楽しめるこの『日本一のだがし売り場 もったいない広場』

機会があればまた行きたい、オススメのスポットです。