読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

スマホ周辺機器のANKERが家電業界に参入してなんとロボット掃除機を発売!

Gadget

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20160609223930j:plain:w640

家電大好きガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

2016年6月9日、モバイルバッテリーなどのスマートフォン周辺機器を手がけるメーカー「ANKER」が家電業界に参入するとの発表がありました。

第1弾としてロボット掃除機やコードレス掃除機、2種類のオイルディフューザーを6月11日午前10時よりAmazonで発売するとのこと。

www.nikkei.com

「ANKER」ってどんな会社?

ANKER(アンカー)」はスマートフォンの充電器や保護ガラスフィルムなど、携帯端末の周辺機器を販売しているメーカーで中国・湖南省に本社を構え、日本法人はアンカー・ジャパン株式会社(英文社名:Anker Japan Co., Ltd.)。

米Googleに勤めていたMeng Yang氏が2009年に副業で始めた会社で、経営が軌道に乗った2011年にGoogleを退社して本格的に始動。

2012年には中国Google出身のDongping Zhao氏が社長に就任し、Amazonやebayを販路に全国展開しています。

「安かろう悪かろう」といった中国製品のイメージを払拭し、非常にクォリティーの高い商品を世に送り出しているメーカーと言えます。

お値打価格のロボット掃除機「Anker RoboVac 10」

そんなANKERが6月11日よりAmazonで販売開始するのがコチラ、「Anker RoboVac 10」

 

2,600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、吸引力はそのままで約100分の連続使用が可能。

他社製ロボット掃除機と同様に、バッテリーがなくなると自動で充電ステーションに戻る機能や、階段などからの落下を防ぐ落下防止センサーを搭載。

自動モード、スポットモード、エッジモードといった3つの運転モードがあり、部屋の形状に合わせた最適な清掃方法を利用できます。

専用のリモコンも付属しながら、通常でも25,110円(税込価格)、初日の11日のみの特別価格として20,088円(税込)と、非常にリーズナブルな値段となっています。

その他にも、スティック掃除機とハンディ掃除機の両方の機能を備えたコードレス掃除機「Anker HomeVac Duo」や2種展開の加湿器、100ml版「Anker エッセンシャルオイルディフューザー 超音波加湿器 100 ml容量」(2970円)、250ml版「Anker エッセンシャルオイルディフューザー 超音波加湿器 250 ml容量」(4050円)などが発売予定です。

筆者は現在iRobotの「ルンバ 527J」を愛用しており その便利さに非常に満足しておりますが、自動充電機能を省いた廉価版のため毎回使用後に手動で充電するのが億劫でした。

 

別途充電用ステーションを買い足すか、我慢していずれ上位機種にステップアップするか……。でも高いしなぁ〜、と思っていたところへの朗報。

自動充電機能付きでこのお値段なら少々残念なクォリティーでも諦めがつくところですが、ANKER製なら……という期待が持てます。

これはちょっと購入検討しようかな……。