読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

究極のノート!?Moleskine(モレスキン)の「スマートライティングセット」が面白そう。

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20160425233045j:plain:w640

筆不精なガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

イタリアのモレスキン社(Moleskine, 旧社名:Modo & Modo)が販売する有名ノートブックブランド、モレスキン(Moleskine)

黒い表紙とゴムバンドが特徴的な手帳を販売している老舗メーカーで、手帳・ノートだけでなくバッグやペン、各種デバイス用のアクセサリーなど多様で高級感ある製品を世に送り出していますが、そのモレスキンから面白そうな商品がこのたび発売されました。

それが「MOLESKINE+(モレスキンプラス)」スマートライティングセットです。

アナログとデジタルが融合したスマートノートブックの究極型

 

www.moleskine.co.jp

 

モレスキンのノートとスマートフォンのカメラ機能を組み合わせ、ノートに書いた内容をデジタル化しクラウドに保存するシステムを提供する「MOLESKINE+(モレスキンプラス)」。

これまで、「Evernote Collection」「Adobe Creative Cloud Collection」「Livescribe notebook」といったシステムが提供されていましたが、今回モレスキンオリジナルのペンとペーパータブレットがセットになった「スマートライティングセット」が満を持して登場。

「ペーパータブレット」と銘打ったノートブックに、ペン先に赤外線カメラを内蔵した「ペン+」を使って文字やイラストを書くことで内容を認識、ペンからBluetooth接続で他のデバイスへデータ化して送る、というもの。

これまでのシステムでは書いたページをスマホカメラで撮影する必要がありましたが、その一手間が省けるようになりました。

また、リアルタイムにデバイスとつながっていなくてもペンが書いた内容を記憶しているので、あとから同期することが可能。

手書きの文字も専用アプリの機能でテキストに変換ができ、ノートの右上に書かれている手紙(メール)アイコンをペンでクリックすることでアプリ内の「共有」機能を呼び出し、メール等で送信できます。

後から文字の太さや色の変更も可能、音声メモ機能ありとアナログとデジタルのイイトコどりとなっております。

スマートライティングセットの利用シーン

アナログ・デジタルがシームレスに繋がる「スマートライティングセット」。

次のようなシーンで活躍します。

・会議の議事録、電話内容を手書きでメモ→簡単データ化
・学生の授業ノートとして、イラスト入りで わかりやすく記録→後から丁寧に編集可能
・デザイナー・イラストレーターのツールとして

まとめ

スマホやタブレットでタッチペン・スタイラスペンを使うと、どうしても手書きでノートに書いた時とは違う感じになってしまいますが、この「MOLESKINE+(モレスキンプラス)」スマートライティングセットなら手書きの良さをそのままに、アナログ・デジタルで記録が可能です。

これまでもスマホと連動する同様の製品は存在していますが、ノートを知り尽くしたモレスキン(Moleskine)製なら安心のクォリティー。

2016年4月20日より、28,188 円 (税込)で発売中です。