ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

Amazon プライム・ビデオを大画面で観たいので「Amazon Fire TV Stick」を買ってみた。

SPONSORED LINK

インフルエンザで絶賛発熱中のガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

現在筆者が加入しているサブスクリプション(定額制)動画配信サービスのひとつ、「Amazon プライム・ビデオ」

以前こちらの記事でもご紹介したのですが、さらに配信内容が充実してまいりました。

そうなってくると人間とは欲深いモノ、スマホやタブレット・パソコンの小さい画面ではなくリビングの大画面テレビで観たい!

というわけで、Amazonから販売されているセットトップボックス「Amazon Fire TV Stick」を買ってみました。

目次

Fire TV Stickとは?

「Fire TV Stick」はスティック型でテレビのHDMI端子に直接接続するタイプのセットトップボックス。

セット トップ ボックス (STB:Set Top Box) は、ケーブルテレビ放送や衛星放送、地上波テレビ放送(デジタル放送、アナログ放送)、IP放送(ブロードバンドVODなど)などの放送信号を受信して、一般のテレビで視聴可能な信号に変換する装置。ブラウン管時代に「テレビの筐体(TV set)の上に置く箱」だったことからこの名がある。
セットトップボックス - Wikipedia

オンデマンドで配信される、本来なら家庭用テレビでは視聴不能な放送信号を変換してくれるこの機器、「AppleTV」「Chromecast」なども同じ系統の機器ですね。

というわけで熱にうなされながらポチった「Fire TV Stick」がご到着。

 

購入したのは音声認識の無い標準リモコン版の4,980円。

マット調のキレイな化粧箱に包まれたリモコンと本体。

 

セットアップは拍子抜けするほどカンタン

コチラが同梱内容一式。

本体・リモコンとリモコン用単四電池2本、スペース的にテレビのHDMI端子に繋ぎにくい時に使用するHDMI延長ケーブル、USBケーブルとUSBケーブル用電源アダプターです。

HDMIケーブルなど、特に買い足す必要はありません。

 

ご家庭のテレビ背面の「HDMI端子」に本体を差し込み、USBケーブルで電源供給すればOK。

リモコンが同期されると既にユーザーのアカウント情報は設定済みで、カンタンなセットアップですぐに使えるように。

 

ユルい感じのキャラクターが使用方法をひと通り説明してくれます。

 

これでAmazon プライム・ビデオが大画面で楽しめる!

話題の「仮面ライダー アマゾンズ」も配信開始!

 

アプリをインストールすれば「hulu」や「Netflix」など、他の動画配信サービスも視聴できます。

正直なところ、筆者は新型「Apple TV」のAmazon プライム・ビデオ対応待ちだったんですが、さすがにもう 待ちきれなくて……。

 

何よりうれしいのがコレ!

筆者の娘さんたちが大好きな「ドーラといっしょに大冒険」

コレがいつの間にかシーズン6まで配信されており、これからは大画面で観ることが可能に!

 

まとめ

ふぅ、若干ヒートアップしてしまいましたがいかがでしょうか?

年間3,900円で利用できる「Amazon プライム・ビデオ」を大画面で楽しめる「Amazon Fire TV Stick」

筆者も熱が下がり次第存分に活用したいと思っております。

( ;´Д`)