読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

京都在住20年以上のブロガーがオススメする京都観光スポットは?

SPONSORED LINK

f:id:gadgerepo:20160323001512j:plain:w640

京都大好きガジェレポ!@gadgerepoです。こんにちわ。

今年2016年は3月21日が春分の日の振替休日で三連休だったこともあり、お出掛けされた方も多かったことと思います。

筆者はといいますと、遠方から知人が泊まりがけで遊びに来ていたため、京都市内を案内することに。

とはいっても彼らはすでに何度も京都に遊びに来ており、京都の観光名所はあらかた行き尽くした感が……(´・ω・`)

そこで計画性皆無の筆者は基本ノープラン、行き当たりばったりで市内を巡り歩いたのですが、思いの外知人たちには大好評。

そんなわけで今回、京都在住20年以上の筆者が思いつきで案内した京都の観光ルートをご紹介します。

目次

お寺巡りだけじゃない!オススメの京都観光スポット

すでに有名どころの寺社仏閣は制覇済みなので、今回はそれ以外で攻めてみました。

とはいえ、“知る人ぞ知る穴場スポット!”という程でもない、そこそこ有名なところばかりなのでアシカラズ。

京都水族館・梅小路公園

f:id:gadgerepo:20160323192102j:plain:w640

 

まず最初に訪れたのは2012年3月14日に開業、5年目を迎える「京都水族館」です。

JR京都駅から歩いて15分ほど。水族館としては狭い敷地に感じますが、上下のスペースをうまく活用して幻想的な空間を作り出しています。

f:id:gadgerepo:20160323010814j:plain:w640

 

メインは屋外のイルカスタジアムで行われるイルカショー。

観客に配られるストローで作った笛“プー”とイルカの鳴き声のセッションといった、観客と一体となったパフォーマンスが魅力です。

そしてその水族館を有する「梅小路公園(うめこうじこうえん)」

f:id:gadgerepo:20160323224351j:plain:w640

 

広大な「芝生広場」や、長い滑り台・ジャングルジムが楽しい「すざくゆめ広場」など目いっぱい体が動かせる総合公園ですが、週末には昔懐かしい「京都市電」が短距離ながら公園内を運行しています。

また、今年2016年4月29日には敷地内に「京都鉄道博物館」がオープン予定となっており、お子様連れにはうれしい京都屈指のレジャースポットとなっております。

www.kyotorailwaymuseum.jp

 

 

金平糖専門店『緑寿庵清水』

f:id:gadgerepo:20160323231851j:plain:w640

 

続いては日本で唯一の“金平糖(こんぺいとう)専門店”として有名な「緑寿庵清水」

1847年創業から150年以上、昔ながらの製法で手間ひまかけて作り上げる金平糖は一日に売られる数にも限りがあり、人気商品は午前中には売り切れてしまうほどの盛況ぶり。

「パイン味」や「サイダー味」、季節限定の商品など合わせて60種類にも及ぶ豊富な品ぞろえ。

見た目のかわいらしさ、噛みしめると広がる豊かな味わいで目と舌を楽しませてくれます。

おみやげとしても喜ばれること請け合いです。

f:id:gadgerepo:20160323234153j:plain:w640

 

 

キッチン・ゴン 御所東店

f:id:gadgerepo:20160323234852j:plain:w640

 

お昼ごはんは名物「ピネライス」がオススメの「キッチン・ゴン 」はいかがでしょう。

京都御所の南東に位置するこのお店は昔懐かしい洋食屋といった雰囲気。

“チャーハンにカツとカレーが乗っかった”オリジナルメニューの「ピネライス」はリーズナブルな値段ながらも、お腹いっぱい充実感たっぷりの満足度です。

 

 

よしもと祇園花月

f:id:gadgerepo:20160324001203j:plain:w640

 

最後は、2011年に京都に復活した「よしもと祇園花月」

人気・若手・ベテラン芸人による漫才・コントに加え、関西では未だ絶大な人気の「吉本新喜劇」が観ることのできるお笑い人気スポットです。

週替りで1日2回公演(週末は夜公演あり)、筆者が観覧した週は「すっちー」座長の公演でした。

本家「なんばグランド花月」よりもお安い料金で楽しめるのがうれしいところ。

当日券もありますが、人気の公演は満席が予想されるので事前にチケット予約するのが吉でしょう。

 

祇園花月吉本新喜劇|吉本新喜劇オフィシャルサイト

 

 

まとめ

いかがでしょうか?寺社仏閣巡りもいいですが、少し違った京都観光を楽しんでみては?

もうすぐ桜の季節。花見ついでにお立ち寄り下さいませ。