読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

「妖怪ウォッチぷにぷに」のためだけにプリンストンのスタイラスペン『PSA-TPA2』を買ってみた。

Apple-iPhone

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20160225224811j:plain

タイムセール……恐ろしい子!ガジェレポ!@gadgerepoです。

以前コチラの記事で「妖怪ウォッチぷにぷに」にハマるあまり、そこそこ値の張るタッチペン「Su-Pen」を購入した筆者ですが……

gadgerepo.com

さらなる高みを目指すべく、プリンストン製のアクティブスタイラス「PSA-TPA2」を買ってみました。

目次

Su-Penあるのになんでまた買っちゃうの?バカなの?

今回購入したのはコチラ。

コンピュータやスマートフォンの周辺機器を数多く販売するプリンストン製のスタイラスペン。

f:id:gadgerepo:20160226000420j:plain

 

一般的なタッチペンはペン先がゴムや帯電性繊維ですが、この「PSA-TPA2」は単4形電池1本でペン先に静電気を発生させタッチ操作を可能にする「静電発生機構」を搭載しているため、直径2mmという極細のペン先を実現しています。

f:id:gadgerepo:20160226000521j:plain

 

本来この手の自己静電気発生式のスタイラスペンは高価で4,000円以上のモノが多く、この「PSA-TPA2」もプリンストン直営のオンラインショップなら税込4,980円ですが、運良くAmazonのタイムセールで税込2,980円となっていたため思わず購入w

f:id:gadgerepo:20160226001903j:plain

 

製品には単4形電池が付属しているのですぐに使用することができます。

f:id:gadgerepo:20160226002040j:plain

 

本体はマット調のアルミ製でなかなかの高級感。持ちて部分にLEDランプがついており、電源のオン・オフが視認できます。

f:id:gadgerepo:20160226002454j:plain

 

持ってみた感じ、電池を入れた状態で適度な重量感があり、若干重心が後ろ気味な気はするものの、重すぎたり軽すぎたりといった感じはありません。

筆者のiPhone6 Plus+Anker製ガラス保護フィルムでは、初め電源を入れても画面タッチに反応しなかったため非常に焦りましたが、ペン先部分を左右に回して感度調節することで問題なく反応。

操作感も滑らかで引っかかるようなこともなく、少しの力で画面スワイプなどの操作が可能でした。操作感の良さはSu-Penよりも上に感じます。

ただ、ペン先が樹脂製で固いため操作で画面に当てるたびに「コッコッ」と音がするのが気になりました。

実際に「妖怪ウォッチぷにぷに」をプレイしてみた

先日、新ストーリーが追加されたスマホ用パズルゲーム「妖怪ウォッチぷにぷに」

妖怪ウォッチ ぷにぷに
妖怪ウォッチ ぷにぷに
開発元:Level-5 Inc.
無料
posted with アプリーチ

さっそく「スコアアタック」で「PSA-TPA2」を検証してみました。

コチラは「Su-Pen」でチャレンジした場合。

f:id:gadgerepo:20160226010614j:plain

 

指に比べて「ぷに」が見やすく、滑りもいいのでスコアも良好です。

そしてスタイラスペン「PSA-TPA2」

f:id:gadgerepo:20160226010810j:plain

 

!!!

滑り、視認性ともに「Su-Pen」より良好でさらにスコアが伸びました。筆者のベストスコア更新です!

まとめ

ほとんど衝動買いで購入したプリンストンのスタイラスペン「PSA-TPA2」でしたが、思った以上に「妖怪ウォッチぷにぷに」のスコアアップに有効でした。

使い勝手も上々、ゲーム用途だけではもったいないので“手書きメモアプリ”なども試してみたいと思います。