読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェレポ!

京都在住の中年サラリーマンブロガー。 Mac、iPhone、ゲームにアプリなどなど興味をもったガジェットの情報をなんでもレポート。

「OneDrive」ストレージプラン改悪案を修正、無料ユーザーは引き続き15GBを利用可能に。

Webサービス

SPONSORED LINK

 

 

f:id:gadgerepo:20151214190739j:plain

炎上は避けたいものですね、ガジェレポ!@gadgerepoです。

2015年11月、Office 365 Home、Personal、University ユーザーの「OneDrive」利用可能容量「無制限」を廃止、無料ユーザーの利用可能容量を15GBから5GBへ変更を告知したMicrosoftですが……

gadgerepo.com

よほど不評だったのか、無料ユーザーの利用可能容量について修正が発表されました。

www.itmedia.co.jp

「無制限」廃止はそのまま、無料ユーザーは申請して15GB維持

今回の発表で、個人向け「Office 365」(Office 365 Home、Personal、University)ユーザーは「無制限」廃止についての撤回はなくそのまま、無料容量は無制限から1TBに“減少”となります。

この変更に不服なユーザーに対しての全額払い戻し措置も前回の発表どおり。

そして「Office 365」未加入のOneDrive無料プランユーザーについてですが、前回の発表では現在15GBの無料利用可能容量が5GBに減少、そして15GBのカメラロールボーナスもなくなることが予告されていましたが、今回の発表ではOneDriveの各アカウントでログインした状態で以下のサイトから「Keep your free storage」ボタンをクリックし、申請することでそのまま15GBを保持することが可能。

また、15Gバイトの追加カメラロールボーナスを利用中のユーザーはその分も保持できるとのこと。

https://preview.onedrive.com/bonus/

このリンクの有効期限は2016年1月31日まで。それ以降は有無をいわさず無料容量は5GBになってしまうので注意(ただし5GB以上使っている場合、超えた分のデータは向こう1年間保存しておける)。

まとめ

筆者も前回の一方的な発表にはかなり憤りを感じましたが、“思うことは皆いっしょ”ということでしたね。

この変更に対し、Microsoftが開設している「OneDrive UserVoice」(UserVoiceはユーザーからの製品に対する意見を聞くサービス)に「われわれのストレージを返せ」という意見が投稿され、7万件以上の支持が寄せられた。

容量無制限はなくなるが:Microsoftの「OneDrive」、15GBの無料容量がオプトインで持続可能に - ITmedia ニュース

OneDriveご利用中の方は忘れず申請しておきましょう。